INTERVIEW

2021年 中途入社 ハ レ ビッグ ジェップHA LE BICH DIEP海外人材チーム リーダー

日本の大学院を卒業後、ベトナムの技能実習生と日本企業を繋ぐ役割を担う通訳者として従事。そこでの経験を活かして、LifeLabでは日本国内で農業界への転職を希望するベトナム人のサポート業務を行っている。

日本とベトナムの架け橋へ

私は大学院で経営学を中心に学びましたが、今後は日本とベトナムとの経済や文化交流、そして人材交流が拡大し、パートナーとして繋がっていくと確信しています。日本語を活かし、日本とベトナムの間に架け橋として力を発揮していきたいと思ったことがきっかけで卒業後は通訳者の道に進みました。日本企業の社長やベトナム人技能実習生など多くの方の話を聞いているうちに、コミュニケーションなど異文化の問題を含むさまざまな悩みを目の当たりにしました。また、新型コロナウイルス感染症により実習が継続困難となったり、帰国困難や失業したりした技能実習生が多くいました。LifeLabに入社した現在は、ベトナム人の通訳、サポートや仕事紹介といった仕事に従事しています。今まで私が培ってきた知識や体験したことを活かして人材業界に貢献したいです。

入社前から就職後の生活まで一気通貫でサポートできることが強み

人材事業部海外人材チームに配属して、農業に転職したいベトナム人の一般業務をしています。一言で私の仕事を表すなら「受け入れ・ヒアリング・就労サポート・通訳・翻訳担当者」です。チームの第一目標は、農業の深刻な人材不足を解決すること。Facebookの「ベトナム人向け第一次産業ネット」を作ったので、Facebook投稿をして、リーチした人にヒアリングしながらマッチングする仕事を案内します。入社前から就職後の生活まで一気通貫でサポートできることを強みとしています。ベトナム人のための無料農業転職サービスは新サービスで、0から考えなくてはいけないのが大変ですが、これまでに多数のベトナム人の方と農業企業のご縁を紡ぐお手伝いをしました。支援の委託数も大幅に増加しており、将来の結果にもっと良い影響が出るように頑張っています。

一人は皆のため、皆は一人のため

LifeLabに入社した時、まだ日本語が上手ではなかった私を社員の皆さんが家族みたいに親切で温かく迎え入れてくれたことがとても嬉しかったです。みんな仲が良く、温かいメンバーばかりです。なぜみんなこんなに優しいんだろう、と思います。本音を出せる会社だなと思います。チームでは、社員一人一人の力を最大限に引き出すことで、チーム全体のパフォーマンスを最大限に発揮し、クライアントの課題解決に当たることを重視しています。また、自分の主張だけではなく、他のメンバーの意見や声を受け取ることや、それを踏まえた対話力で一人一人の心を繋ぎ、チームの目標達成に対する行動を取るようにしています。私はLifeLabでチームの一員として貢献できるのが良かったと思っています。この環境にいて、毎日得られるものが大きく、成長でき、何か困ったことがあれば遠慮なく言うことができてすぐに助けてくれるので、本当に良かったです。

「ベトナム人のための無料農業転職サービス」トップを目指して

ベトナム人就労者と日本農業を繋ぐ時に、時々困ることがあったりと、一朝一夕でできることではありませんが、根気よく努力して一つ一つの課題を乗り越えることができるように頑張ります。全国の各地方、北は北海道から南は沖縄県までいるベトナム人の支援実績トップを目指して、支えになれるよう力をつけていきたいと思います。一日でも長く日本で農業をやりたいベトナム人就労者の一日をつくることが、私の大きな目標です。今後の仕事や社会生活でも、自分の強い責任感と他を思いやる協調性を活かすことで、人材事業部海外人材チームの皆さんとともに、「ベトナム人のための無料農業転職サービス」はトップになります。外国人人材紹介業界・農業業界No.1と呼ばれると「Life Lab」であるというミッションの実現へ貢献できると信じています。