INTERVIEW

2015年 中途入社 中山 昌樹MASAKI NAKAYAMA管理部 部長

大学卒業後、総務・人事・経理と一通りのバックオフィス業務を担当。上場企業、ベンチャー企業と経験してきて、これまでの経験を活かしつつ、幅広い仕事と裁量を任せてくれる会社であり、社会問題である農業業界の人材不足を解決する使命に魅力を感じたことからLifeLabに入社。現在は管理部門の責任者として、会社を成長させる会社の仕組みの構築を行っている。

戦略的に知識を習得し、ステップアップしていく

新卒で上場企業の人事部に配属され、新卒・キャリア採用を担当しました。採用面接や人事評価、給与計算など一通りの知識を身に付けることができました。次に経理やファイナンスに関する知識を身に付けたいと考え、財務・税務・会計を専門的にやっている会計事務所に転職しました。数十社のお客様に決算業務・確定申告・税務コンサルティングを行い、クライアントは社長や役員の方々がメインであったため常に緊張の連続でしたが、貴重な経験を積むことができて良かったと思います。そして、習得した知識をサポートではなく責任者として活かしていきたいと考え、ITベンチャーのオフィスを統括するマネージャーに就任。その後親会社である東証1部上場企業に転籍し、財務会計実務を経験しました。上場企業から中小企業までの経験を活かすことができ、成長が見込まれる事業内容で上場を目指していける会社を探していたところ弊社と出会い、現在に至ります。

会社が成長した数年先の未来を想定した仕事をしていく

管理部門の責任者として、総務、経理、人事、法務などバックオフィス業務全般を担当しております。大企業とベンチャー企業におけるバックオフィス業務の違いとして、専門業務を大量に処理していかなければならない大企業と比べ、量は少ないが総務、経理、人事といった業務をすべてを少人数で行っていかなければいけないという特徴があります。弊社の管理部門では大企業と同じような正確さ、少人数でも業務が回っていくような体制、日々成長していく会社に対応できるような拡張性を実現できるような仕組み作りを行っております。一例として、他社に先駆けてクラウド型ERPを導入しています。これによりテレワークでバックオフィス業務を行うことができ、人事情報、会計情報を連動させることで、経営に必要な情報をスピーディーに処理ができます。新しいシステムや仕組みを柔軟に素早く導入できることが強みのため、今後も積極的に導入していきます。

コミュニケーションを大切に、成長できる環境があります

社員同士のコミュニケーションを大切にしています。北は北海道、南は沖縄まで営業所がありますが、オンラインツールを活用することによって、リアルタイムに連絡を取ることができます。コロナウイルスの蔓延によりテレワークで業務を行う場合でも全社員へノートPCの支給、VPN接続などの体制が整っており、遅滞なく業務を行う環境が整っています。自宅や地方にいても、孤独感を抱えながら仕事を行うことは少ないのではないかと思います。 また、年齢や入社年数を問わず、裁量をもって仕事が行うことができることはメリットを強く感じています。部長、部長代理、課長、課長代理…、といった階層化している会社ではないため、役員、上司との距離も近く、決断も早いです。他の人よりも早く成長したい、将来自分で事業を起こしたいと思う方は入社してみてはいかがでしょうか。

専門性が身につきスキルアップできる環境を作っていきます

LifeLabは創業以来ずっと成長を続けてきました。今後も持続的に成長し続けるために、管理部門も現状から進化する必要があります。総務、経理、人事、法務といった担当者が深い専門知識を持ち、独立した個人が連携し、チームで仕事を行うように変わっていきます。チームで成果を上げていけるようなチームビルディングを行い、社内にとどまらず、弊社のステークホルダーにも自信を持って紹介できるような管理体制を構築していきます。 長い間バックオフィス業務に携わってきましたが、法改正が頻繁に起こり、システムも日々進化しており、新しい技術や知識を常にアップデートしていかなければならないと実感しております。常に努力が必要であり、難しくて頭を悩ませることも多々ありますが、苦労して身に付けた知識は自分を支える自信となり、武器となります。現状に物足りなさを感じており、短時間でスキルアップしたい方はぜひ 一緒に働きましょう。