INTERVIEW

2020年 中途入社 及川 伸一SHINICHI OIKAWA人材紹介チーム 係長

新卒から、一貫して人材業界で数社経験。農業界での人材ビジネスの存在は知らなかったが、LifeLabの存在を知り、社会貢献性の高さに共感し、入社。現在は転職エージェントとして勤務。農業界で働きたい方と、企業様との間に立って双方がWin-Winの関係になれるようなマッチングを心掛けている。

農業界で働きたい方に新たなフィールドをご用意し、農業界の活性化を目指す

大学卒業後はビジネス系の大手人材派遣会社に入社し、営業職、採用職として従事していました。関わってきた業界や職種は、製造業、営業職、事務職、技術職、販売職など多岐にわたります。対象者も老若男女さまざまな方々の転職支援、就業支援を行ってきました。また、人材紹介・派遣と、異なる領域において営業職・採用職を経験し、新規事業の立ち上げも経験するなど、人材ビジネスには一貫して携わり、企業と働きたい方の橋渡しをしてきました。LifeLabは農業界初の人材ビジネスを行っている会社ということで、私自身、経験のない分野ではありましたが、農業界は慢性的な人手不足が問題になっているということは以前より認識していましたし、この問題解決に繋がる社会貢献性の高さや、入社前にお会いした社員の方々の使命感にあふれた働き方に共感し、入社を決めました。

農業界でチャレンジしたい人に新たなフィールドを。人材を求める企業へ新たな人材を

転職エージェントならではの仕事の魅力といえば、やはりいろいろな人の人生の節目に立ち会えることだと思います。農業界での就職や転職というのは、大げさでなく、その人の一生を決めるような選択と言えます。その選択に対してより良い情報を提供し、人の人生そのものを豊かにすることができるのは、LifeLabでしか成し得ない仕事といっても過言ではありません。「及川さんのおかげで、今とても幸せに働けています」そんな感謝の声を聞ける機会というのも決して少なくはないですし、企業側からも「良い人を採用できたおかげで業績がますます伸びたよ」と感謝されることもあります。農業界もそこで働く人がいるからこそ成り立つものであり、まさに農業界を支えていると言っても過言ではない仕事です。その架け橋となれるエージェントの仕事は、責任も大きいですが、それに見合うやりがいも感じています。

チームで働くから苦しいことも楽しいこともみんなで分かち合う。

LifeLabには個性豊かな人が多くて、それぞれが多様な意見やアイデアを持って出し合っています。社内にはそれらをお互いが尊重し、共有していく空気に満ちあふれています。そうした風土の中に身を置くことで毎日刺激を受けつつ、自分自身の成長も実感できる点をとてもうれしく思っています。また、各チーム単位でもそれぞれの追いかける目標があり、その目標に向かって一丸となって取り組むところはみんな共通しています。ただ仲良くやっているだけではなく、お互いが切磋琢磨して目標達成に向かって、それぞれが成長していける環境だと思います。仕事面では、LifeLabのサービスは他に類を見ないサービスだと思っていますし、お客様に愛されていることを魅力に感じています。

日本だけではなく世界の農業に貢献を

転職エージェントはLifeLabの中でも売り上げに対する責任は非常に大きい部署になります。チームとしての課題はまだまだあり、改善するところも多々あります。ただ、その分、挑戦し甲斐はありますし、伸び代は大きいと思います。これからも、農業界で働きたい方と人材を採用したい企業との懸け橋という使命を忘れずに、邁進していきたいと思います。また、農業界でLifeLabが担えることはまだまだあると思います。LifeLabならではの新規サービスについても今後積極的に展開していく予定ですし、必要に応じて、転職エージェントとして培った経験、スキルを新たなフィールドでも生かしていきたいと思います。今後は農業界の総合人材企業として、業界で確固たる地位を築き、日本、世界の農業を更に盛り上げていきたいと思います。