INTERVIEW

2020年 中途入社 齊藤 翔太SHOTA SAITO人材紹介チーム 副主任

前職は、ホテル・旅館などの観光業をターゲットとした人材派遣会社にて、営業兼人材コーディネーターを担当。派遣業務を行う傍ら、人の人生に密に関わる転職エージェントに憧れを抱き、LifeLabへ転職。現在はLifeLabの更なる成長に向け、日々の業務に取り組む。

農業界の知識は、全くの『0』からスタートでした。

私自身、農学部で農業を学んだ訳でもなく、農業に従事した経験もありません。大学を卒業後、大手アパレル企業に入社し、管理職を経験していた中で、漠然とその時から人の人生に密に関わる転職エージェントという職種に憧れを抱いていました。アパレル企業を退職後、ご縁があり、前職に当たる人材派遣企業にて従事していましたが、心のどこかで物足りなさを感じていました。そして、自身がやりたいことは、人の人生設計をお手伝いすることだと気が付き再度転職活動を始めたところ、当時、転職エージェントを募集していたLifeLabの求人が目に留まりました。その時は、農業界のノウハウはありませんでしたし、業界や用語に対する知識もありませんでしたが、業界研究を進めるにつれ、農業界の可能性に魅力を感じたとともに、就業人口が減少しつつある業界で転職エージェントとして活躍をしたいと考え、入社に至りました。

転職希望者のニーズを引き出しつつ、新しい発見に繋げていく。

日々ご登録いただく求職者の方々への電話面談であったり、転職希望者がいらした場合はご希望の条件をお伺いしたうえ、ご契約いただいている企業の求人情報をご紹介し、企業と転職希望の方々を繋げていくことが基本的な業務です。もちろん、転職希望の皆様のニーズに100%お応えしたい気持ちもありますが、ニッチな業界であるが故、それだけではご紹介する企業にも偏りが産まれると考えています。漠然と「農業がやりたい」という方へは、あえてやりがいや厳しさをお伝えしつつ、野菜や果物の生産職のみならず、酪農や養豚など、畜産農業の魅力もお伝えしています。そうすることで、皆様の選択肢を増やし、より多くの企業をご紹介するよう心掛けています。実際に、もともと畜産農業に全く興味がなかった方が、結果的に酪農企業へ入社をされ、現在は現場リーダーを任されているという事例もあります。

皆が切磋琢磨し、一丸となって会社を盛り上げている。

LifeLabは、とにかく風通しが良い環境だと、常日頃から感じています。そんなこと当たり前では?と考える方もいるかと思いますが、メンバーの一員である私たちの意見が、ここまで社内に反映される会社はなかなかないと思います。だからこそ、個々が高い意識を持ち、会社をもっと良くしていこう!と一丸となっている雰囲気が目に見えます。また、その頑張りを個人のインセンティブとして、しっかりと反映してくれるところも嬉しいポイントです。 もちろん、それぞれの部署で目標は異なりますが、結果が見える化されているので、もっと頑張ろう!というモチベーションアップに繋がっています。 終業後、くだらない話はもちろん、真剣な話が急に白熱したりと、社員同士が本当に仲が良いこともLifeLabの文化だと感じています。あとは、社内に筋トレマシンがあったりと、他企業にはないユニークな部分が個人的には好きです。(笑)

LifeLabを農業界になくてはならない企業にしたい。

最近では、誰もが聞いたことのあるような大企業が、農業界に新規参入してきています。農業×ITのように、スマート農業が以前に比べ進んできていることもまた事実です。しかしながら、今も尚、人手に困っている農家、企業は数多くあります。そういった課題点を、私たちLifeLabがすべて解決できたら、と大きな目標を個人的に掲げています。そして、ゆくゆくはLifeLabが農業界のパイオニアとなり、もっと多くの方に農業の魅力を知ってもらい、日本農業の素晴らしさを世界に発信していく。現状は、まだまだ夢物語かもしれませんが、今私たちにできることを一つ一つ着実に行い、その積み重ねが未来に繋がると確信しています。将来、家族を持った時、テレビでLifeLabのCMが流れ子供たちに「ここ、パパの会社だよ」なんて言えたらいいですね。(笑)