コンサルティング事業

>> English Site <<

>> English Site <<

事業内容

当社研究開発事業部では、大学との共同研究、事業計画立案サポート、販路開拓サポートなど、 植物工場に関する様々なプロジェクト実績をもとに、植物工場に関する研究開発サービス及びビジネスコンサルティングを展開しています。

そのポテンシャルの高さから世界的に期待が高まっている植物工場ですが、事業として収益化させるためには技術面とビジネス面の強いシナジーが不可欠です。 当社では植物工場事業への新規参入を検討されている事業者様はもちろん、 植物工場事業の業務改善を検討中の事業者様にもご納得いただけるサービス体系を構築しています。

植物工場事業でお悩みの際は、どんな些細な点でも構いませんので、ぜひ当社にご相談ください。

植物工場とは

自社研究拠点について

自社研究拠点について

様々な企業様からお寄せいただくご要望にお応えするため、自社研究拠点を構える運びとなりました。

研究開発サービス、ビジネスコンサルティングサービスともに研究拠点で得られた科学的な知見をサービスに落とし込み、クライアント企業様にご提供いたします。 当事業部のサービスをお申込みいただく際には、研究拠点の見学会も開催しております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

研究開発サービス

温湿度や二酸化炭素濃度などの環境条件を高度に管理し、作物に適した養液を用いて栽培を行う植物工場では、 土光栽培では生育が難しい植物や、一定の栄養素の含有量を増減させた「機能性野菜」の栽培が可能になります。

当社ではこれまでに大学との共同研究を通じて、低カリウムトマトの栽培技術の開発(特願2015-124636)や、 その他の機能性野菜の開発(現在進行中)を行ってきました。

特定品種の検証栽培から新商品の開発まで、ぜひ当社サービスをご利用ください。

研究開発サービスの一例

  • 葉菜類(レタス、ハーブ類など)の栽培技術の研究
  • 果菜類(トマト、キュウリなど)の栽培技術の研究
  • 既存品種の閉鎖型空間での栽培適応性の評価
  • 低カリウム野菜をはじめとする機能性野菜の商品開発
  • 植物工場におけるデータモニタリング手法の開発
  • 植物工場における栽培技術の研修・指導
植物工場で野菜を栽培するメリット

ビジネスコンサルティング

気候や季節を気にせず計画的に作物を生産でき、注目度も高い植物工場ですが、 物流や販売などクリアしなければならない課題は多く、ビジネスとして成功している例はごく一握りです。 その理由は様々ですが、植物工場事業は農業の要素と工業の要素が複雑に絡み合い、また、農産物の販路開拓という 特殊なマーケティングを行わなければ既存の土耕栽培の農産物に対抗することが難しいことが大きな理由の一つとされています。

当社では植物工場産野菜のブランディング支援、販売支援等の実績をもとに、 事前マーケティング、工場設計、栽培システムの選択・導入、栽培、物流経路設計、出荷、販売など 植物工場ビジネスに関わる全工程のサポートをご提案させていただきます。

植物工場事業を収益性あるビジネスへと育て上げるために、ぜひ当社サービスをご利用ください。

ビジネスコンサルティングサービスの一例

  • 市場調査・栽培作物の選定
  • 施肥設計・培養液管理方法の提案
  • 事業計画書・ご提案書の作成
  • 栽培設備の導入支援
  • 工場スタッフの人材採用・育成支援
  • 商品ブランディング支援
  • Web施策の立案・実行
  • 販路開拓・営業代行

PageTop